言葉を磨く

何かしらのメッセージを伝える時というのは、その前段で多くの試行錯誤があり、右脳と左脳をフルに使いながら、様々に考えを巡らせています。

そして、これだ!と決めて推進していくときに、自分の頭の中が、表面に言語化されて行きます。

このときに、自分では最初から最後までの考え抜いたプロセスを知っているので、十分にハラオチができているのですが、前段を知らずに結論だけを聞かされた相手としてはなかなか上手く理解することも難しいように感じます。

そこで必要なのがプレゼンテーションであって、その中でも言葉を研ぎ澄ましていく作業がとても大事だと思います。

難しいことを難しく言うのは三流
難しいことをわかりやすく置き換える、だけではまだ惜しくて、二流
難しいことを安易な表現に置き換えて、さらに記憶に残すのが一流の仕事なのではないかなぁ、と思います。

では、どうやって残すのか?

私は脳のメカニズム、
とか難しいことはわかりませんが笑、私の経験則上では、人は脳が活性化している状態や、おもしろそうに人の話を聞いているときには定着率も高い気がしています。

では、その定着率が高いと言うのはどう言うときか?
というと「プラスの感情で違和感を感じている時」のように思います。

おもしろいこと、なんか可笑しな話、ちょっとした笑い、などをジャブ打ちしつつ、結論のストレートは端的に、わかりやすく、言葉を厳選する。

そんなコンビネーション技が決まった時は、記憶の定着率も高いように思います。

だらだら喋る事も大事な時もありますが、それと同じくらい「一言で刺す」「象徴的な言葉を選ぶ」チカラもリーダーには重要なのではないかな、と思います。

私たちは北陸で販促やマーケティングを担当されている皆様の「わからない!」を一緒に解決していきます。

「今のやり方は正しいのかな?」「経営陣がwebの重要性をわかってくれない」「もっと広告効果を上げたい!」

などなど。

ホームページの改善から、インターネット広告、既存の広告手法の見直し、SNS運用サポートまで何でもご相談ください。


社内でも頑張っているのになかなかその苦労が報われにくい、ご担当者様の"頼れる右腕”となることをお約束します。

採用情報:「一緒に北陸のwebマーケティングを盛り上げませんか?」

自己の成長と事業の成長を通じて、私たちの大好きなこの北陸の地をもっともっと魅力的にしていきましょう!

北陸ではたらく、Iターン社長のブログ

株式会社プロジェクトタネの代表、高平聡のブログです。プロジェクトタネは金沢・富山井の北陸三県の中小企業向け&スマートフォンに特化したマーケティング会社で、戦略立案、ホームページ制作、インターネット広告の運用などを行います。東京から富山へIターンした社長の経営日誌です。