気持ちのレベルが高いから

日本対ベルギー戦

私の中でのベルギー戦、と言えば日韓共催の時の日本対ベルギー戦まで遡ります。

高校時代サッカー部キャプテンを一応は拝命していたので、ドーハの悲劇や日本の初出場や決勝トーナメントに初めて進出した時の興奮は今だに印象強いものです。


私はずっとサッカーを見たり、クラブチームを応援してたりしてた訳ではないので、こんな事を書く事自体が御門違いだとは思っていますが、この20年の間に確実に日本に起きたことは、選手のレベルの向上はもちろんですが、w杯にでるのは当たり前、とか、海外で活躍するのは当たり前、と言う「当たり前の基準」が高くなったことが1番なのではないかなと感じました。

現に、スタメン選手の所属クラブを見るとほぼ全員近くが海外のクラブで活躍している選手。


20年前に海外クラブの所属選手は何人いたでしょうか?

翻って、日々の企業活動における、営業マンの行動なども同様で、気持ちで負けていないかとか、この程度のレベルの提案レベルや、行動力、サービス提供をするのが当たり前だ、という前提の基準が高いほど、結果的に良い成果につながることが多いように思います。


まず「あるべき姿」「なりたい像」を掲げ、そうなることが当たり前のように努力していく。

言葉に出したことはたいていは叶う、というのもそういうことなのだと思います。


私たちは北陸で販促やマーケティングを担当されている皆様の「わからない!」を一緒に解決していきます。

「今のやり方は正しいのかな?」「経営陣がwebの重要性をわかってくれない」「もっと広告効果を上げたい!」

などなど。

ホームページの改善から、インターネット広告、既存の広告手法の見直し、SNS運用サポートまで何でもご相談ください。


社内でも頑張っているのになかなかその苦労が報われにくい、ご担当者様の"頼れる右腕”となることをお約束します。

採用情報:「一緒に北陸のwebマーケティングを盛り上げませんか?」

自己の成長と事業の成長を通じて、私たちの大好きなこの北陸の地をもっともっと魅力的にしていきましょう!

北陸ではたらく、Iターン社長のブログ

株式会社プロジェクトタネの代表、高平聡のブログです。プロジェクトタネは金沢・富山井の北陸三県の中小企業向け&スマートフォンに特化したマーケティング会社で、戦略立案、ホームページ制作、インターネット広告の運用などを行います。東京から富山へIターンした社長の経営日誌です。