わからない価値観を尊重できるかどうか

つい先日誕生日を迎え、41歳になってしまったわけですが、私もまだまだ現場バリバリなので、リスティングの管理画面もいじれば、GAもいじれば、プレゼン資料も作れば、新規開拓営業もしています。


お客様と共同プロジェクトを立ち上げたり、自社に新しいメンバーがJOINしてくれたり、日々さまざまな方々とのコミュニケーションが発生し、互いの脳みそをシェアし、かけ合わせながら、少しでも意味のある取り組みをしていこうとしています。


そんな中で、自分では正直良くわからないけど、

「それもアリだな」「それ、よくわからないけど面白そうな感じがするな」

と感じることもあります。


さまざまなお客様とお仕事をさせて頂き、年齢層も幅広いので、あまり自分の年齢を意識することは多くないのですが、そろそろ若い子の発想とか今はやっているものを、キャッチしきれてないぞ、と思うことも増えてきました。

(こういう時、歳とったなぁ、と痛感しますが。)


メディアや、手法も日進月歩でさまざまに新しいものが生まれ、追加機能などのアップデートも知らぬ間に起きていることは多々あります。


シェアリングエコノミーにより、色んなものがシェアされ、保有しなくてもお互いに貸し借りしながら、目的を満たすことができるようになりました。


ある記事では、そもそも貧乏だから、所有できないし、シェアする!という考え方を見て、まぁ、確かに一理あるよなぁと強く感じたのを思い出します。


何が言いたいか、ということですが、「すべてを内製化(会社も自分自身も)することは物理的に無理(というより非効率)」であり、メリ・デメで判断した時に、メリットが大きいのであれば積極的に任せてしまうほうが、圧倒的に得だ、ということを感じることが多くあり、「脳みそも信頼できる人とシェアできたら一番いい」ということです。


似たような立場や年齢の人同士のコミュニケーションから学ぶことも多くありますが、どちらかというと「今の延長線上でうっすら見えてるけど体験したことのないこと」か「過去に経験したことの別解釈」が多いように思います。


それはそれで十分意味があるのですが、「積み上げ式」な感じもします。


一方で異性で年齢も全く離れまくっている若手の方、とかだと、全く想像もしてなかったような斜め上からムーンサルトプレス!みたいなアイデアをぶつけて頂けることがあるので、そういう「上からドカンと落とす」みたいな発想は本当に楽しいです。


できる限り遠い領域の者同士で掛け合わせたほうが、よりインパクトのあるものが生まれると思うし、より「意味のわからないオモシロさ」が生まれる可能性があります。


無理やりきれいにまとめるならば(笑)、そういう「思ってもいない思考」が新しいサービスにつながり、それを「思ってもいない方」に買ってもらえるような時に「その時、歴史が動いた!(NHK的な)」と言えるのではないかなぁと思うのです。


そんな時に大事なのは「自分にはないものを、尊重して受け入れられるか」という姿勢なのではないかなと思います。


多少、最後強引にまとめましたが、そんなことを感じた今日一日でした。




私たちは北陸で販促やマーケティングを担当されている皆様の「わからない!」を一緒に解決していきます。

「今のやり方は正しいのかな?」「経営陣がwebの重要性をわかってくれない」「もっと広告効果を上げたい!」

などなど。

ホームページの改善から、インターネット広告、既存の広告手法の見直し、SNS運用サポートまで何でもご相談ください。


社内でも頑張っているのになかなかその苦労が報われにくい、ご担当者様の"頼れる右腕”となることをお約束します。

採用情報:「一緒に北陸のwebマーケティングを盛り上げませんか?」

自己の成長と事業の成長を通じて、私たちの大好きなこの北陸の地をもっともっと魅力的にしていきましょう!

北陸ではたらく、Iターン社長のブログ

株式会社プロジェクトタネの代表、高平聡のブログです。プロジェクトタネは金沢・富山井の北陸三県の中小企業向け&スマートフォンに特化したマーケティング会社で、戦略立案、ホームページ制作、インターネット広告の運用などを行います。東京から富山へIターンした社長の経営日誌です。