伝えて、聞いて、練り直す。

今日は月イチの全スタッフ集まっての全体会議でした。

12月より4名体制で走り出している当社ですが、普段はそれぞれがそれぞれのスタイルで業務にあたっているため、電話やチャット、もしくは個別にMTGなどをすることはあっても、この4人が全員集まることはそんなに多くありません。


故に、月に一度は必ず全員で集まり、情報共有をし、各人のコンディションを確認する意味でもとても大事な会議です。


会議のアジェンダは、2月の経営数字やトピックスの共有、当月の動き方、中期的に目指している方向性やアイデアの共有を行います。


この会議体は基本的に私が全部仕切って、資料も用意して開催しますが、いつも気をつけていることは「伝える」ということです。


「伝える」際に重要な指標は「そもそも自分自身が理解して伝えられているか」、また、「聞いているメンバーがちゃんと理解できているか」という点です。


実は、自分の中で思慮が浅いときや、ハラオチしていない時などは、どういうわけか、たいてい聞き手に伝わっていません。

(聞き手が理解していない顔をしていることに気付きます)


まず「伝え」、その後、必ず確認のため「聞き」ます。

そして、そこから再度「練り直し」ます。


当然のことのように思えますが、この工程はとても大事で、「伝わっていない部分」は必ず、顧客にも受け入れられない可能性の高い部分となります。


今日の会議は非常に有意義で、「伝えて、聞いて、練り直す」のプロセスがピタッとハマったように思いました。


そのおかげで、いくつかの意思決定もできましたし、メンバーの合意も取れました。懸念点のあぶり出しにも協力してくれました。


一番良かったのはメンバーから「それ、とっても楽しそう」「やってみたい」という言葉を聞けたことです。


何でもかんでも、一人で背負ってしまってはいけませんね。

ステキな仲間に恵まれたことにとても勇気づけられたので、備忘のため、この気持ちを記しておきたいと思います。


ホントに、うれしい!!

私たちは北陸で販促やマーケティングを担当されている皆様の「わからない!」を一緒に解決していきます。

「今のやり方は正しいのかな?」「経営陣がwebの重要性をわかってくれない」「もっと広告効果を上げたい!」

などなど。

ホームページの改善から、インターネット広告、既存の広告手法の見直し、SNS運用サポートまで何でもご相談ください。


社内でも頑張っているのになかなかその苦労が報われにくい、ご担当者様の"頼れる右腕”となることをお約束します。

採用情報:「一緒に北陸のwebマーケティングを盛り上げませんか?」

自己の成長と事業の成長を通じて、私たちの大好きなこの北陸の地をもっともっと魅力的にしていきましょう!

北陸ではたらく、Iターン社長のブログ

株式会社プロジェクトタネの代表、高平聡のブログです。プロジェクトタネは金沢・富山井の北陸三県の中小企業向け&スマートフォンに特化したマーケティング会社で、戦略立案、ホームページ制作、インターネット広告の運用などを行います。東京から富山へIターンした社長の経営日誌です。